錦織圭とどこまでも!試合予定・速報・放送予定・ランキング

テニス錦織圭君を応援しているブログです!全豪・全仏・全英・全米のグランドスラム(4大大会)だけでなくATP1000やATP500の試合予定やNHKほか地上波テレビ放送予定、試合速報、ランキング情報などをお伝えします。錦織君のプライベートにも迫っていますよ♪

錦織圭 ウィンブルドン(全英オープン)2017 試合日程や放送予定、ドローなどいろいろ

      2016/12/02

2017年ウィンブルドン選手権全英オーオープンテニス)の試合予定をまとめました!!

試合日程WOWOWNHK放送予定ドロートーナメント表)、出場選手、2016年の大会感想や錦織圭選手の結果などを書いていますので、応援の参考にしてくださいね。

毎年ウィンブルドンのころになると、厳しいスケジュールのためかけがに悩まされる錦織選手。

特に、大会を勝ち進むことが多くなり、上位選手と激しい試合を続けてウィンブルドンを迎えるので、まあ仕方ないっちゃ仕方ないと思います。

が、2017年、ぜひとも緑の芝のコートに真っ白のユニフォーム、というさわやかなテニス大会で上位を目指してほしいと思います!!

がんばれ!錦織!!

Sponsored Link

錦織圭 ウィンブルドン(全英オープンテニス)2017 試合予定

ウィンブルドン(全英オープンテニス)ってこんな大会です♪

149012d1ced4291320d4fa9c162c23d1_s
テニスをあまり知らない人でも、ウィンブルドンって聞いたことあるんじゃないでしょうか?

それくらい、世界でもメジャーなテニスの大会がウィンブルドン選手権全英オープンテニス)です。

参加する選手は128人。

1回戦負けても500万円以上もらえる、すごい大会です。

ちなみに、優勝すると3億円以上ももらえます。

 

試合の大きさは、もちろんグランドスラム。

テニス世界4大大会の1つですね。

(優勝すると2000ポイントゲット)

 

大会は、イギリスのウィンブルドンにある

 

オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ

 

という会場で開催されます。

 

 

え?ウィンブルドンって地名なんだ!!

 

 

と今更ながら気づいて地図調べたのでついでに載せときます。


ウィンブルドン選手権は、4大大会の中で唯一芝のコートで行われる大会です。

当たり前ですが、人工芝でなくて天然芝です(笑)

聞くところによると、英国人の方は自宅の庭の芝生を大変誇りに思っているそうです。

ですので、自宅の芝が立派なことは自慢になるのだとか。

そんなお国柄からか、芝のコートでテニスの大会も行われます。

芝のコートは想像するだけでも手入れが大変そうですが、美しく整った芝生を選手に提供する。。。というイギリスの芝職人の心意気も感じられる気がします。

 

錦織選手は、芝のコートはあまり得意ではないようですが、芝での試合経験が少ないので仕方ないかもしれません。

だって、本拠地のアメリカのコートはハードですし、IMGで中学生から学んでいる錦織選手はハードコートで練習する機会が圧倒的に多いですから。

でも、最近では慣れてきたって言っていますので、これから成績がどんどん伸びてくるのではないかな?

 

 

錦織選手がハードが得意なように、芝が得意な選手ももちろんいるわけです。

過去10年の優勝者を並べてみると

 

2007年 フェデラー

2008年 ナダル

2009年 フェデラー

2010年 ナダル

2011年 ジョコビッチ

2012年 フェデラー

2013年 マリー

2014・2015年 ジョコビッチ

2016年 マリー

 

・・・なんだか、番狂わせなしの顔ぶれですね。

普段から強い選手が勝つ!のがウィンブルドンなのかもしれません。

 

錦織圭 ウィンブルドン選手権2017 試合日程

ef48c740f44c4791a0edb8fab6934ddd_s
2017年のウィンブルドン

 

7月3日(土)から16日(日)

 

に開催されます。

予選が入りますので、本戦は5日(月)から。

 

例年通り、ミドルサンデーは試合もお休み。

伝統を重んじるイギリスらしいですね。

 

日本とウィンブルドンとの時差は、ウィンブルドン開催中はサマータイムになりますので8時間。

日本が8時間進んでいることになります。

 

試合の詳細はこのようになっています。
日にち 試合
7月 3日(月) 1回戦
    4日(火) 1回戦
    5日(水) 2回戦
    6日(木) 2回戦
    7日(金) 3回戦
  8日(土) 3回戦
  9日(日) ミドルサンデー
  10日(月) 4回戦
  11日(火) 男子シングルスは試合なし
  12日(水) 準々決勝
  13日(木) 男子シングルスは試合なし
  14日(金) 準決勝
  15日(土) 男子シングルスは試合なし
  16日(日) 決勝
 

錦織圭 ウィンブルドン選手権2017 参加予定選手

ed3fb6f6bd8fd287496db241af50f06e_s
グランドスラムの大会は上位選手は出場が義務。

というわけで、2016年最終ランキングを参考に参加予定選手を表にしました。

詳しく発表されましたら、またお知らせします。
2016年最終ランキング 選手名
1 アンディ・マリー
2 ノバク・ジョコビッチ
3 ミロシュ・ラオニッチ
4 スタン・ワウリンカラ
5 錦織圭
6 マリン・チリッチ
7 ガエル・モンフィス
8 ドミニク・ティエム
9 ファエル・ナダル
10 トマシュ・ベルディヒ
11 ダビド・ゴフィン
12 ジョー・ウィルフリード・ツオンガ
13 ニック・キリオス
14 ロベルタ・バウティスタ・アグト
15 ルカ・プイユ
16 ロジャー・フェデラー
17 グリゴール・ディミトロフ
18 リシャール・ガスケ
19 ジョン・イスナー
20 イボ・カルロビッチ
21 ダビド・フェレール
22 パブロ・クエバス
23 ジャック・ソック
24 アレクサンダー・ズベレフ
25 ギル・シモン
26 バーナード・トミック
27 アルベルト・ラモス・ビノラス
28 フェリシアーノ・ロペス
29 ビクトール・トロイキ
30 パブロ・カレーノ・ブスタ
31 サム・クエリー
32 フィリップ・コールシュライバー
これ書いていて思いましたが、2015年とずいぶん顔ぶれが変わったなぁ。

ラオニッチ3位って。。。ありえん。。。

やっぱりフェデラーとナダルが抜けたのが大きいですね。

帰ってきたらどうなるかな?

 

錦織圭 ウィンブルドン選手権2017 テレビ放送予定

luggage-930768_640
2016年はWOWOWNHKテレビ放送しました。

NHK総合Eテレなどの地上波でも放送がありました。

2017年については、問い合わせをしていますが、まだ未定みたいです。

 

WOWOWは放送するとなれば連日生中継。

錦織圭選手以外の試合も放送します。

 

また2015年、NHKは地上波やインターネットでの放送をしましたが、録画での放送でした。

ライブで見るならWOWOWってことになりそうですよ。

 

新たな放送予定がわかりましたらお知らせしますね。

 

 

 

錦織圭 ウィンブルドン選手権2017 ドロー&トーナメント表

ウィンブルドンのドロートーナメント表は本戦が始まる前に発表になります。

ドローが発表になりましたらお知らせしますね。

ちなみに、日本語で作成予定!

 

2016年のウィンブルドン選手権と錦織圭

まずは錦織選手のこれまでのウィンブルドンの成績をまとめます。

 

2008年 1回戦途中棄権(マルク・ジケル)

2009年 参加なし

2010年 1回戦敗退(ナダル)

2011年 1回戦敗退(レイトン・ヒューイット)

2012年 3回戦敗退(デルポトロ)

2013年 3回戦敗退(アンドレアス・セッピ)

2014年 4回戦敗退(ラオニッチ)

2015年 2回戦棄権(サンティアゴ・ヒラルド)

2016年 4回戦途中棄権(チリッチ)

 

ここ数年、途中棄権していますが、この前の超大忙しスケジュールに加え、他の試合でも勝ち進むことが多くなったことで試合数が増えていることがケガにつながっていると思います。

勝ち進むと強い人に当たりますから、余計体力も使いますし、体のあちこちに無理が出てくるんでしょうね。

その辺、ジョコビッチやマリーは同じような状況でも強さを見せていますので、ほんと手ごわいです。

体の作りや精神的なケア、どうなっているんでしょう??

 

それでは、昨年の錦織選手について少し感想などを述べてみたいと思います。

2016年テニスウィンブルドン選手権で、錦織圭選手は4回戦まで進むことができました。

しかし、チリッチ選手との試合中に怪我による途中棄権をしてしまい、敗退となりました。

 

チリッチ選手とは過去に何度か試合したことがあり、試合成績では、錦織圭選手が勝ち越しています。

怪我なければ十分勝つ可能性はあったでしょうね。

(最近では負けが多いですが・・・)

チリッチ選手も錦織圭選手同様にトップ選手に食い込んで来ている選手の1人であり、今後の活躍を期待することができます。

しかし、錦織圭選手の方が圧倒的に成長しており、大事なところで負けてはいるものの、良い結果はチリッチ選手以上に期待しても良いでしょう。

大事なところとは、グランドスラムの決勝戦やマスターズファイナルでの対戦で負けてしまっているため、状況によっては負ける可能性もあります。

チリッチ選手はビッグサーバーなのでサーブの良しあしが試合に影響します。

大事な試合での錦織戦は、なんだか気合いがすごくて錦織選手もなかなか崩せず苦しんでいるような感じもします。

それでも錦織圭選手の方が勝利数が多いので、大事なポイントを落とさなければ問題はないと思っています。

 

 

錦織圭選手はウィンブルドン選手権以外でも、トップ選手との試合の数が多くなるので、ますます成長し、世界ランキング1位を十分に狙えるでしょう。

数年間、トップ選手の顔ぶれに変化はないため、ハイレベルであることがよく分かります。

そのなかでも錦織圭選手は5位と、すぐ下にまで迫っているので、トップに食い込んで行くのは時間の問題!!と信じています。

何より持ち味がタフさとバックハンドなので、自分の武器を活用すれば勝利数も上がると思われます。

ウィンブルドン選手権でも怪我さえなければ決勝戦に進んでもおかしくない実力です。

(やっぱりこの時期は試合が続き体を酷使してきての参加、怪我が多くなります)

武器をより磨けば簡単に勝てるようになり、怪我する可能性も低くなるでしょう。

錦織選手は、格下の選手に意外と苦戦して体力を消耗していることも多いような感じなので。

 

 

錦織圭選手の素晴らしいところは、相手を圧倒する武器以外に、誰もが予想する展開は簡単に裏切り、驚きを与えるところにあります。

 

 

『ここでそのショットを打つのか!?』

 

という場面でドロップショットを打ち、相手を1歩も動かさずにポイントを取ります。

選手としてレベルが上がれば上がるほど、周りを驚かせる勝ち方が増えると思うので、今後が楽しみです。

 

 

以上、錦織圭選手のウィンブルドン選手権2017年の情報でした。

毎年この時期って、かわいそうになっちゃうくらい試合が立て込んでるんですよね。

まあ、昨年はオリンピックもあったので余計にそうだったのでしょうが、けがに気を付けて頑張ってほしいですね。

それにしても、マリーとかジョコビッチとかって、疲れ知らずなのか、いつでも満身創痍な気がします。

テニスのうまさだけではなくて、身体的にも精神的にもその強さは神の域です。(私にとって)

錦織選手ももうちょっとなのにな。っていうのはその辺なのかな。

と最近ちょっと思ったのでした。

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-format=”autorelaxed”
data-ad-client=”ca-pub-7351455260923780″
data-ad-slot=”8429714436″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

 - 錦織圭 全英オープン(ウィンブルドン)